♯81 手直しして使い切る

お気に入りのオーガニックコットンのロングTシャツをペンキで汚してしまいました。

駅舎をみんなでペンキ塗りをして美しくよみがえらせよう!というイベントに息子と参加したのですが、派手に汚してしまいました。


f:id:mikatoh0123:20171214221950j:image

このまま捨てるのも惜しい。

幸い袖口しかペンキが付かなかったし、もともと手のひらまである長い袖だったので、思い切って切り落とし、縁縫いをしました。


f:id:mikatoh0123:20171214222143j:image

ジャーン!

手縫いですが8部袖のロンTに生まれ変わりました。

意外と食器洗いの時に袖口が濡れなくて便利です。

すぐに捨てずに、直して、モノの寿命を使い切る。

手を動かしてチクチク縫い物をすることも、無心になれて瞑想に近い気分になれました。

ベア・ジョンソン氏の「ゼロ・ウェイスト・ホーム」に照らし合わせると、これはリユースになります。

飽きた洋服も手を入れればまた生まれ変わることになりますね。

モノの寿命を延ばすことで、新たな資源を無駄に使わずに済みます。

新たな二酸化炭素の排出や石油の無駄遣いを抑えることにつながります。

#80 11月に新品を買ったモノ、中古を買ったモノ

11月のとある日のブログ記事で、年内はセカンドハンド(中古品)しか買わない、中古品で見つからなかったモノのみ新品で買う、という宣言をしました。

食材、トイレットペーパーなど消耗品を除いたわが家の買い物は以下の通りでした。

 

【11月に新品で買ったモノ】

●OPPテープ、ガムテープ、麻ひも

メルカリなどフリマアプリの梱包に使うためテープ類をホームセンターでかいました。

リサイクルショップにはありませんでしたが、後日メルカリで検索してみるとたくさん出品されていました。

大量のテープは必要なく、1つずつ、欲しかったので新品購入。

麻ひもは新聞紙やダンボールを捨てるときに必要なため購入。

 

あれ!?

以上でした!

結構頑張ったのではないでしょうか(^-^)

 

【11月に中古品で買ったモノ】

●娘 長袖シャツ4枚

肌寒くなったので、メルカリで購入。

●娘 レギンス、タイツ2枚

ラクマでポイントを使って購入。

タイツは1つは初日に穴を作って帰ってきました。

中古だとこういうこともありますね。

穴にはアップリケを付けました。

新古品のタイツはまだ大丈夫。

 
f:id:mikatoh0123:20171210225825j:image

 

●私 ニット、ニットコート、コート

リサイクルショップとバザーで購入。

値段は驚きの1枚200円で、どれも人気のアパレルブランドのものです。

おかげであたたかく過ごせています(^-^)

 

 

季節の変わり目であれこれ買わないと!と思っていたけど、冷静に必要なモノを見極めれば、それほどたくさんのモノは必要ありませんでした。

それに、フリマアプリで冷静に時間をかけて品物を検討できたので、安く賢く必要な枚数だけを買い足すことが出来ました。

店舗に出向いて買い物してたら、かわいい服や小物がたくさんあって迷うし、来たからには何か買って帰らないと損!と思いがちなので、セカンドハンドを利用することで余計な出費も減らせると感じました。

12月の引き続き、欲しいものはリサイクルショップやフリマアプリで購入します。

#79「トランクひとつのモノで暮らす」エリサさん

エリサさんの「トランクひとつのモノで暮らす」を読みました。

まず、帯が目をひきました。

「モノとの付き合いを変えることで、願いは叶う」

この「願いは叶う」という部分が心にぐさりときて、購入しました。

エリサさんは20代の頃からモノとの付き合いを考え、ミニマリストになりました。

モノを見つめ、生活を見つめたことで、バルーンアーティストになるという夢を見つけ、その夢を叶え、今ではバルーアートの教室の先生やバルーンアート製作会社の社長さんをされています。

順風満帆に見える凜とした佇まいのエリサさんですが、離職、離婚も経験し、精神的にボロボロだった頃に大道芸人のバルーンアーティストにもらった風船の花をもらったことで、バルーンアーティストを目指します。

 

本書はエリサさんの住まいの様子もカラー写真で掲載され、その白く清々しい部屋からはいい空気が流れ、滞りのない日々が感じられます。

また、モノを減らす10の質問という章があり、私自身もその質問を自分に問うことでまだまだ手放せるモノがあると気づかされました。

ミニマリストになったその先に見えるものにも言及しており、モノを手放すことが楽しみにさえ感じられます。

私自身もモノを減らすことで、生活も穏やかになり、またお金の管理も楽になってきたと感じています。

モノを減らすと、こんなに無駄なお金を使っていたんだと気づき、お金を使うことに慎重になるからです。

おかげで節約につながり、また生きていく上で必要なお金もそれほど多くなくてもいいと気づくことが出来たので、あくせくして10円の節約をしたり、自分の時間や感情を犠牲にして働かなくても良いと思うようになりました。

モノを減らすだけで、どんな生き方がしたいか見えてくるんです。

ミニマリストになったその先の人生を、あなたものぞいてみませんか?

#78 結婚式のお呼ばれはレンタルドレスで

10月の佳き日、いとこが結婚式を挙げました。

軽井沢で両家の親族だけの簡単な披露宴でしたが、いとこ(男)のしっかり者ぶりにびっくり、お嫁さんの可愛さに感嘆、90歳近い両家のおばあちゃんもしっかり軽井沢まで来られて、楽しい家族旅行となりました。

私たち家族は、新幹線を乗り継いで軽井沢まで向かいました。

荷物は、

夫:スーツケース(普段から荷物が多い、めんどくさがり、捨てられない)

私:バッグパック(山登りが趣味の叔母のおさがり)

息子:リュック

娘:リュック

でした。

夫だけ大きな荷物を持って行ったのは、夫は自分の礼服と革靴がかさばっていたんですよね~。

息子のスーツは私のリュックに入れていきましたが、私と娘はレンタルドレスだったので、着替えしか持っていくものがなく、身軽に行くことができました。

 

子供はすぐに大きくなるし、セレモニードレスやスーツは何度も着る機会がないので、レンタルする、または友達に借りるほうが、無駄がなくお財布にも優しいです。

それに、クリーニング代や保管場所の家賃や住宅ローンの分のお金も減らせますよ。

娘は、「ちいさなプリンセスソフィアになりたい!」ということだったので、かわいいパープルのドレスをレンタルしました。

 

軽井沢では寒いかな?と思ったので、ボレロを別にメルカリで購入しました。

レンタルショップでは、このパープルのドレス、靴、コサージュ、カチューシャをお借りしました。

もちろん、代金はクリーニング代、往復の送料も含まれています。

特に靴がついてくるのは嬉しかったですね。

革靴は普段履きも難しいし、すぐに足も大きくなっちゃいますからね。

トータルで7000円くらいでした。

ドレス、靴、アクセサリーの購入代、クリーニング代、保管料、売るとしたらその手間暇を考えたら、とてもお得だと思います。

さらに、遠方での結婚式だったので、荷物も軽くなって一石二鳥でした。

 

肝心な娘の反応ですが、箱を開けたとたん舞い踊り、試着を催促。

ドレスを着せてもらってうっとりし、そのまま寝たいとまで言い出しました。

翌日、結婚式本番では髪の毛もセットしてもらいソフィアになりきってご満悦。

無事、リングガールの大役も務めました。

ドレスを返す時は「これは○○ちゃんの~!!」と悲しんでいましたが、一晩寝たらすっかり忘れていました。

 

女の子はドレスを買ってお姫様ごっこにも使う方も多いと思いますが、その後傷んだドレスの処分に困りませんか?

フリマアプリで売るにしても時間と手間がかかります。

かといってブックオフなどリサイクルショップにもっていって二束三文。

差し上げられる友人がいればいいですが、子供それぞれになりたいプリンセスは違うものですよね。

そう考えると、私はレンタル派です。

 

女の子だけじゃなく、男の子のスーツや入学式、卒業式にも着られるフォーマルドレスやフォーマルスーツが揃っています。

サイズもベビー80cmから160cmくらいまであるので、今後も活用しようと思います。 

 

♯77 秋のプランターコンポスト

今日は温かな日曜だったので、息子と庭いじりをしていました。

庭に群生したススキを二人で協力して抜きました。

始まりは2年前の一本のススキだったのですが、今年息子の秋の花粉症がひどかったので、ススキを撤去することにしました。

さすが雑草!!

根が深く付いてしまって1週間かけて根の周りに穴を掘り、やっとのことで抜けました。 

もう猫じゃらしやススキは採ってきて穂を撒いては駄目だよ!息子くん!

 

さて、わが家の野菜くずを受け止めているプランターコンポストですが、秋はこんな感じです。


f:id:mikatoh0123:20171203220919j:image

落ち葉がいっぱい。

庭のシマトネリコの落ち葉や、娘が幼稚園で拾ってきたイチョウなども入っています。

もう満杯になったコンポストには、


f:id:mikatoh0123:20171203221039j:image

ニョキニョキと何やら黄色い花が咲いていました!

瓜科のような黄色い花とトゲトゲのある茎。

何が実るのかな?

こんな風に、コンポストにいれた野菜の芽や根っこ、種からニョキニョキと新しい作物ができることもあります。

息子と私の自由研究にもなっているほど面白いですよ。

 

♯76 すぐに買わない、代用する

エコな生活、ゼロ・ウェイストな生活を実践中です。

 

今日は、代用することについてです。

今、わが家には洗濯かごがありません。

2年前までは白いプラスチック製のポリバケツのような洗濯かごを使っていました。

しかし、経年劣化して手をかける穴からひびが入り、最後には裂けてしまいました。

「次に買う洗濯かごは絶対に自然素材にするぞ!でもステンレスかかごにするか悩むな~」と、延々ネットサーチや店舗に出向いてあれでもない、これだと小さい、と未だに気に入るものに出会えていません。

では、洗濯はどうしているのでしょう?

答えは、


f:id:mikatoh0123:20171202233414j:image

使わなくなったおもちゃ箱を代用しています。

仮置きにしてたんですが、2年たった今でも洗濯かごとして代用しています。

洗濯が乾くとふわっとして、この画像のように大きくはみ出るので、いい加減によいサイズの洗濯かごに出会いたいものです(>_<)

でも、このおもちゃ箱のおかげで次はこれぐらいのサイズにしよう!というイメージは沸きやすくなりました。

わが家の場合、洗濯機は1階、洗濯は2階のベランダ、乾いた服は1階のファミリークローゼットにしまうので、洗濯かごは深いデザインで軽いもの、もちろんプラスチック製ではないもの、が条件になります。

すぐ飛びついて買うとやっぱり思っていたものと違っていた、使いにくかったとお金をつかったことを後悔することが多いです。

じっくりと考え抜くことで、生きたお金の使い方になると思います。

♯75 炊飯器がなくなったらすっきり

我が家は両手鍋炊飯をしています。

本当は土鍋でおいしく炊きたいところですが、土鍋の重さと管理を天秤にかけると、このまま普通の両手鍋でいいかな?と思います。

さて、もうかれこれ1年近く使っていない炊飯器ですが、ずっと食器棚の炊飯器コーナーに収まっていたんですね、こんな風に。


f:id:mikatoh0123:20171128222949j:image

使わないのにここに、ずーーっとここにありました。

だんだん薄汚れていくし、料理をしていて振り返るたびにチラチラ炊飯器が目に入ると「これいらないのになぁ~」と負の感情が沸き起こっていました。

なぜ炊飯器を使わないのに残していたかというと、

1 鍋炊飯は私しか炊けないから

お米に水を吸わせる時間、火のかけ方など今のところ私しかできません。

夫が炊くことがあるかもと思ったのですが、全く料理はしない人なので1年間夫がお米を炊くという出来事は起こりませんでした。

 

2 まさかの娘入院に備えて母が家事を引き受けてくれた場合、炊飯器がないと文句を言われそうだから

娘は二度入院した経験があります。

子どもの入院は24時間付き添いが必要なので、母が息子の世話と家の家事をしてくれました。

まさかまさかのまた入院ってことになったら、母がお米を炊けなくて困るんじゃないかと思っていました。

でも、1年間娘は風邪をひく以外は元気にしていました(^-^)

 

こうして書き出してみると、私のためじゃなくて困る家族のために残していたのか!と思いました。

もし私が入院したとしても夫はご飯を作らないだろうし、お弁当を買ってきたり、サトウのごはんでなんとかしのげるんじゃないかと思います。 

そして、料理好きの息子にお米の炊き方を伝授しておこうと決めました!

だから、炊飯器を手放そうと思います。

今は炊飯器は食器棚の扉の中にしまって、炊飯器コーナーはお菓子コーナーになりました(^-^)


f:id:mikatoh0123:20171128224003j:image

子どもの手の届く位置になったので、毎日嬉しそうにお菓子を2種類選んでいきます。

お菓子のかごを下に下ろす、という私の仕事も一つ減ったよー。