#27 「寂しい生活」稲垣えみ子さん

稲垣えみ子さんの「寂しい生活」を読みました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

寂しい生活 [ 稲垣 えみ子 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/7/27時点)


 

 

稲垣えみ子さんをゴロウデラックスで拝見して、その暮らしぶりに注目していました。

前作の「魂の退社」では、どうして退社するに至ったか、考え方が変わったきっかけは何だったのかが書かれていました。

「魂の退社」で書かれた、何に重きを置くか考えさせられた高松支社時代の生活(例えば香川人はこのお金があればうどん何杯食べられると、うどんを単位として捉えている、休日は山に登るなど)も面白かったですが、本作では待ちに待った「どうして電気を使わない生活をしているのか、どんな暮らしぶりなのか」が丁寧に書かれています。

簡単に説明すると、東日本大震災で福島の原発事故です。

私たちの暮らしを豊かに、もっとモノを購入しよう、購入させよう、どんどん消費させようという日本人一人一人の暮らしが、過度な電力消費につながり、原発事故につながったのではないか、と思われたそうです。

電気に頼りすぎている自分の生活を顧みて、原発を使わない生活をするために電気代を半減してみせよう(原発の電力が全電力の半分という値からきています)、と暮らし始めたら、あって当然と思っていた家電は必要ないし、私たちの頭や手足の運動を妨げる存在になっている。

私たちはモノの消費を消費することや、見栄を張ることに意固地になり、大切な何かを忘れている「寂しい生活」をしている、ということが書かれています。

 

 

私は、月10冊以上本を読みますが、間違いなく今年1番面白かった本です。

きっとこれからも私のバイブルになることでしょう。

私は4人家族で、稲垣さんのように電気をないものとして暮らすことは難しいです。

(同じく4人家族で電気代500円のアズマカナコさんはいますが・・・)

でも、ちょっと電気に頼りすぎていたり、見栄や周りの生活レベルに合わせて生活していくことに疲れているんです。

自然とともに暮らしたい。

そんな暮らしが楽しい。

そう思うようになってきたんです。

だから、炊飯器をやめて鍋でご飯を炊いています。

お米を洗った水や雨水をバケツにとっておき、畑やプランターの水やりに再利用しています。

ちょっとした洗濯物は、子供のプール遊びやお風呂のついでに固形石鹸で手洗いしています。

生ごみは動物性たんぱく質のものを除いて、プランターを利用したコンポストに入れてたい肥化しています。

平日のお出かけは、自転車と徒歩、または電車で、車は休日のみ使用します。

どうやったら涼しくなるのか、首に保冷剤を入れた手ぬぐいをまきながら、毎日実験しています。

周りの家族が夏休みレジャーで遠出しているとき、私と子供たちはメダカの観察をしたり、神社を散策したり、一緒にのこぎりを使ってDIYをしています。

古くなったタオルでぞうきんをつくっているときは、無心になれます。

子供が寝静まった後の読書は、心の栄養です。

 

昭和30年代頃までの日本人の暮らしが、私の理想です。

「私たちは、モノを買えばすべてが解決したように感じている。家電は本当に私たちを楽させてくれたのか。」という稲垣さんの一文にはっとさせられました。

本当にそうだな、と。

最新のモノを買えば、今まで抱いていた不満は解消されると今まで当たり前のように思っていました。

でも、新しいモノを買うことで、また違ったわずらわしさが発生するんですよね。

当然ながら、手元のお金も減ります。

モノを買うときは、一時の「ほしい」という感情に支配されずに、それを管理していけるのか、それが必要なくなったときどうするのか、ほかの代替案はないのか、よく吟味しなければいけませんね。

もっとシンプルに、簡単に考えたら、自分を取り巻く環境への捉え方が変わり、解決策が見つかるような、そんな一冊です。

#26 JAL旅行積立を解約

夫の収入-予算=貯金

とするべく、固定費削減に取り組んでいます。

住宅ローン、生命保険料は夫の会社の契約になっていて、私は手を出せません。 

この二つが削減できたらかなり楽になるのですが。

現在、保険料が家計を圧迫しており、最低限の食費しか捻出できない生活をしています。

子どもが増え、食費が増え、ノルマ対策の自爆保険料が増え、貯金が目減りし、とうとう貯金をしている銀行の普通預金残高0円となってしまいました。

(定期預金、小銭貯金、お互い独身時代のへそくりはあります)

夏のボーナスも、住宅ローンボーナス返済、いとこの結婚式参列費用と年払いの保険料の支払い、お盆の帰省代で0円です。

かなりやばいです…。

何か私に出来ることはないかと、毎月の引き落としを改めてノートに書いて計算してみた結果、JAL旅行積立を解約することにしました。

毎月5000円の積立で、5年で30万円プラスボーナスの契約です。

今年で9年目で、結婚10年目の記念にハワイに行きたいね、とコツコツ貯めていたのです。

旅行積立はJALの旅行券で自分の手元に返ってきます。

1万6千円分のボーナスが付いてくるとはいえ、旅行プランもJALパックなどJALのものしか使えません。

旅行券の有効期限も10年です。

それよりも現金でコツコツ貯めておけば、旅行に行くことも出来るし、残った旅行代は他のことに使えるし、病気などで旅行に行けなくなったときにも対応できます。

そして、今は少額でも毎月の家計をプラスにしたい!!

緊張しながらサポートデスクに解約の電話をしましたが、5分で拍子抜けするほどあっさり終了。

10年まであと少しだから、もう少しで満額でボーナスが付くから、ここでやめたらもったいないから…と思っていましたが、早くやめる決断をしなかったことのほうがもったいなかったな、と今は思います。

早くやめていたら、その月日と引き替えに数万円の現金が手元にあったのに。

途中でやめる勇気も大切ですね。

 

#25 炊飯器は使いません

ここ1年ほど、炊飯器を使わずに鍋でご飯を炊いています。

鍋も普通の鍋。

土鍋やご飯釜は使っていません。

一度、鍋で炊いたご飯を食べたら、もう炊飯器には戻れなくなってしまいました。

それは、美味しいからという理由ももちろんあるんだけど、一番の理由は面白いから!

透明蓋を使っているので、沸騰の様子がわかり、理科の実験をしているようで面白いんです。

私の炊き方は、

1 1合につき200ccの水を入れ、30分以上置く

2 鍋に蓋をして強火でぐらぐら

3 沸騰してきたら弱火にして5分

4 プツプツという湯気の音が小さくなったら火を止めて10分蒸らす

 

簡単でしょ?

水につけておく手間があるとはいえ、炊飯器より早くご飯が炊けます。

今日はIHコンロは使わずに、カセットコンロでやってみました。


f:id:mikatoh0123:20170725231927j:image

ガスのにおいが懐かしい…。

ガスで炊いた方が、炊き上がりにお米が立っていました!!

ご飯、みそ汁、漬け物があれば、充分満足です。

#24 エアコンは必要だったのか

先月末に二階寝室のエアコンを買い替えました。

パナソニックの最新式で、木造6畳タイプ、お掃除機能なしです。

冷房のみでよい、と伝えたにもかかわらず、暖房も付いていました。

価格は工事費、古いエアコンの回収込みで10万円。

わが家には大金です。

さて、その10万円のエアコンですが、まだ2回しか稼働していません。

しかもその2回とも運転時間は2時間。

本当に必要な家電だったのかな?と最近になって後悔しています。

問題点をあげると、

1 運転の音がうるさい

今までのエアコンより運転の音がうるさくて、スイッチを切ってからも、ゴー!と音を立てて30分以上は動きます。

音が鳴り続けるのではなく、静かになって止まったかな?と思うとまたゴー!と音がする。

気になって眠れません。

2 電気代が気になる

昨今の実験によると、エアコンは付けっぱなしが一番節約になるそうです。

でも付けっぱなし=電気を使い続けているってことですよね?

私は断捨離、シンプルな生活、そしてゼロ・ウェイストな暮らしを取り入れるうち、電気に頼らず自分の頭と手足を動かして自然に合わせて生活することが楽しくなってきました。

そして、無駄なエネルギーもできるだけ使いたくないと思うようになりました。

エアコンを稼働し続けることは、今の私のライフスタイルではない、と思うようになり、エアコンを一晩付けておくのは我慢なりません。

3 代謝がよくなり暑さにも強くなった

子ども中心の生活になってから、早寝早起き、毎日の散歩、週末の公園遊びが日課になり、よく汗をかく代謝のいい体になりました。

そして、暑さ寒さにも強くなった。

だから、家中の窓を開け放せば風が入るだけで涼しいと思うようになりました。

クローゼットの衣装ケースやハンガーにかかっている服も半分以上減らし、クローゼットの窓を全開に出来るようになったことも、涼しい風を取り込むことになりました。

そして、外出先では逆にエアコンが寒すぎると感じることが多くなりました。

 

以上の理由から、少なくとも私と子供2人はエアコンがなくても生活できる体になりました。

毎日会社のエアコンに当たり、週末は寝ているかスマホゲームかテレビの野球観戦をしている低体温が常の夫は、この体を手に入れていないので、暑がりで寒がりです。

暑がりの夫は一階のエアコンの効いた部屋で寝ます。

私たち3人は、二階寝室の窓を開け、アイスノンの枕をします。

それで十分朝まで涼しく眠れています。

どうしても眠れない熱帯夜だけ、布団を一階に下ろしてリビングに寝ればいいと思います。

そう考えると、10万円のエアコンとは何だったのかな?

年に一回夏休みに私の親が泊まりに来ます。

その時に寝る部屋にエアコンがないと困るだけです。

また、8月のお盆前後は涼しい実家に帰省して田舎遊びを満喫します。

その時もエアコンの稼働は無し。

そのため日中に在宅する家族はなく、8月は電気代も安くなります。

はて…私は何のために貯金をはたいて電気屋さんのいいなりになり、予算よりだいぶん高いエアコンを買ったのかな?

8月末まで何回寝室のエアコンを稼働したかはまた記事にします。

♯23 プールの水を有効利用する

夏休みになりました。

毎日どこかに出かけるというわけにも行かないので、自宅のカーポートの下でプールをしました。

プールで遊んだ後の水、そのまま捨ててませんか?

私は、プールの水を使って、靴洗い、さっきまで子どもたちが来ていた水着の洗濯、朝脱いだ家族のパジャマの洗濯、庭の畑やプランターの花の水やり、翌日の水やり用にバケツとジョウロに水を汲んでおく。

そこまでして、最後に残った水は玄関周りやリビング周りの庭に打ち水をして、完了です!

洗濯は、バケツと固形石けんで手洗いをします。

これが、気持ちいい!

近所の目が気になり、大人もプールに入ってはしゃぐということはなかなか出来ませんが、洗濯中に時折かかる水しぶきが心地よい涼しさを運んでくれます。

夏は野外でお洗濯、お勧めです。


f:id:mikatoh0123:20170722164319j:image

 

♯22 敷きパッドのゴムを修理

息子の敷きパッドのゴムがびよーんと伸びて、寝返りを打つたびによれてだらしなかったので、修理しました。

セリアで織りゴムを買ってきて、手縫いでちくちく。


f:id:mikatoh0123:20170720220752j:image

共働きの頃の私なら、写真のような状態になったら、敷きパッドを買い直していました。

でも、今は「もったいない」気持ちが大きくなり、できるかぎり修理をします。

家族しか見ないモノだし、多少縫い目が粗くてもいいのです。

私の綿シーツも、あるとき脱水の調子が悪くボロボロに裂けてしまいましたが、余り布で裂け目をあてがい修理して、今も現役です。

少しでもモノの寿命を延ばして、ゼロ・ウェイストな暮らしを目指したいです。

これは、昔ならどのお母さんでもお父さんでもやっていた行為のはずです。

新しいモノや便利なモノを買ってくれば、困っていることが解決する!と思い込んでしまったのはいつからでしょうか?

まずは自分の手を動かして、手元にあるもので直してみる、改良してみる。

頭を使えば、解決することもあります。

今の私達ってモノに使われ始めているんじゃないのかな?と思うことがあります。

モノに支配され、モノありきになってませんか?

例えば、スマホ、ゲーム、テレビ、便利な家電に私たちが使われているっていう感覚はありませんか?

私の場合、スマホとテレビは時間泥棒です。

それ以外に何もできず、何も動けなくしてしまうモノです。

だから、時間を決めて使っています。

携帯がなかった子どもの頃の方が、人間らしい生活を送っていたなと思います。

♯21 鉛筆はゼロ・ウェイストに最適なり

家でメモをするときは、極力鉛筆を使っています。

鉛筆は単価も安いですし、いろんなおうちに眠っていることも多いので、声をかければいただけることがあります。

私が子どもの頃は、ポスターコンクールや子供会の参加賞は鉛筆でした。

1年生の息子の学校では、2Bでキャラクターではない鉛筆を使うこと、と指定があるので、学校で使えないキャラクターのついた鉛筆や、私の子どもの頃のHBの鉛筆を家では主に使っています。

また、学校がキャップ禁止なので、短い鉛筆も家用になります。


f:id:mikatoh0123:20170719152610j:image

キャップをして最後まで使い切ります。

鉛筆の削りかすや限界まで使った本体はロット(たい肥化する)になります。

子どもにも、モノを最後まで使い切る大切さを教えたいので、一緒に鉛筆が小さくなっていく様子を楽しんでいます。

 

 ゼロ・ウェイストって何?ごみを出さないシンプルな暮らしです。