♯17 固形石けんを使ってます

2年前まで、私もよくある世間一般の家庭のように、お風呂場にはシャンプー、リンス、洗顔フォーム、メイク落とし、ボディソープを置いていました。

お風呂はお風呂洗剤と、たまのカビ取り洗剤での掃除。

洗面所にはハンドソープ。

洗濯には洗濯洗剤、柔軟剤。

窓掃除には窓掃除用の洗剤。

クイックルワイパーのシートはから拭きとウェットタイプ、掃除機にコロコロ。

台所には、泡立ちのいい中性洗剤、ハイター、泡ハイター、重曹、オレンジの力で汚れを落とすシート。

 

とまあ、専用洗剤が沢山ありました。

今は、ほとんど固形石けんを使っています。


f:id:mikatoh0123:20170706214040j:image

洗面所の手洗いと体を洗うのは、コストコで買った花王のWhite、食器洗い、手洗いの洗濯物には白雪の詩。

Whiteがないときや冬は牛乳石鹸を使います。

固形石けんのいいところは、包装ゴミが少ない。

そして、ストックするスペースが小さい。

さらに、安価で価格変動が少なくどこでも手に入りやすい。

1年くらいは髪の毛も白雪の詩で洗ってクエン酸リンスをしていましたが、自分の髪には合わなかったのと、お風呂の床の汚れやカビ取りがとても大変だったので、今はシャンプーとコンディショナーに落ち着いています。

有難いことに、石けんは今はあまり使う人がいないのか、リサイクルショップやバザーでもかなり安く買えます。

でも、石けんに代えてからかなりの節約になっています。

子供たちはハンドソープやボディソープを使っていたときは、ポンプを押すことを面白がって、何度もプッシュして、すぐになくなってしまい、いつも最低1つはストックを置いておかないと不安でした。

いつも、詰め替え用の液体が洗面所の引き出しにドーンと居座っていました。

今ではそんなこともなく、省スペースに納まっています。