♯29 私のクローゼット

モノを何度も捨ててきた私のクローゼット。

今は無印良品の衣装ケース7つにオールシーズンの服が入っています。


f:id:mikatoh0123:20170731214118j:image

右側のたくさん並んでる方は夫スペースで、ケースもハンガーも私の4倍はあります。

私も夫と同じくらいの量を持っていましたが、今は各アイテム7~10着くらいです。

例のフランス人ほどの量かな?

これでもまだ各アイテム3つずつは捨てられるんじゃないのかなと思います。

ミニマリストの方に比べたら、私の洋服の量はまだ多い方かもしれません。

今年は、寝室の風通しをよくしたかったので、ハンガーにかかった洋服を10着処分して、ふさがっていたウォーキングクローゼットの窓を全開に出来るように改善しました。

 

私は1年生と年少の母親です。

仕事はしていないので、普段着=仕事着です。

子供たちと一緒に遊ぶため、カジュアルなパンツルックにリュックサックを背負うのが今の私の制服です。

子どもの相手をするので、食べこぼしや泥がついたり、この間は病院で服にジャージャーとゲロもされたりと、服の消耗も激しいです。

基本的にズボンはすり切れるまで、トップスの洋服も破れたり毛玉がひどくなるまで着倒します。

でも、洋服の数が少ないので2年ほどでだいたいボロボロになります。

洋服は綿素材など、自然由来の素材を選んで購入するのですが、なかなかお店で巡り会えません。

私が行く安いお店では、ポリエステル繊維の洋服がほとんどなので、妥協して買っちゃおうかな?と悩んで買っても、やっぱり静電気が気になったり、汗で張り付いたりと、後悔することが多くなります。

だから必然的に買い物そのものがなくなり、少ない洋服の枚数で回すことになります。

その結果、洋服に費やすお金も節約できています。

着倒した私の洋服は、子どものスカートやヘアゴム、ぬいぐるみの洋服、布ナプキンにリメイクしたり、ウエスにして掃除に使います。

比較的綺麗な服は、近所のエコステーションに寄付します。

洋服も自分の出来る無理のない範囲で、ゴミの出ないゼロ・ウェイストな暮らしをしています。