♯40 秋の訪れを感じる

おはようございます。

秋の高気圧が張り出してきて、昨日から秋の気配を感じています。

日差しはあるけれど、どこかひんやりとする風を肌で感じます。

稲垣えみ子さんの「寂しい生活」でも書かれていましたが、エアコンに頼らない生活をすると、季節の移ろいを他の人よりも敏感に感じ取ることが出来ます。

もちろん、天気予報はチェックして、高温注意報が出たり、猛暑日の予報が出ているとき、運動をした後は無理をせずエアコンを付けています。

自分は我慢できると思っても、子供は熱中症になりやすいため、子どもの汗の量や顔色をチェックし、無理のない範囲で電力に頼らない夏を過ごしました。

結果、一日中エアコンをフル回転した日は10日くらいでした。

子供と一緒に外でプール遊びをするだけでも、暑さは和らいで感じられますし、雨水を使って朝晩打ち水をしたり、気温の高い日中は買い物に行ったり図書館で過ごしたり、と東日本大震災の直後のあの夏のように、昔の人の知恵を試してみたり、冷房をシェアしたり、工夫をしてこの夏を乗り切りました。

おかげで、5月が一番電気代が高く、6月、7月と少しずつ電気代が下がりました!

8月はエアコンフル回転の日もあるので、また上がりそうですが、昨日からの秋風に助けられ、また朝晩はエアコンをつけなくても涼しく過ごせそうです。