♯49 使っていないモノはモノを殺している

ブログの更新がおろそかになっているのは、9月は断捨離月間と決めて、モノを処分しているからなんです。

以前、娘の部屋のクローゼットが「お下がりで埋もれた部屋」と化している状態の写真をアップしました。

客観視できたことで、「汚い!モノが多すぎる!」と改めて反省しました。

それで、もともと9月になったらパートを探そう、お金を稼ごうと考えていたこともあって、使っていないモノをフリマアプリで売ってお金に換えようと思ったんです。

9月の目標は3万円!

始めて1週間で売り上げが1万円を超えています。

特に自宅保管の長かった、子どもが赤ちゃん時代に使っていたモノから売っているのですが、もうすでに劣化していて捨てなければいけないモノもちらほら。

あまり使わなかった白いファーストシューズは合皮製だったこともあり、ボロボロと剥がれていました。

そのとき「私はモノを殺してしまったんだな」と思ったんです。

使われずに取っておかれたモノをなんというかわかりますか?

死蔵品です。

モノも本当に死ぬんですよ。

このファーストシューズを見て本当にそう思いました。

使わなくなってすぐに誰かに売ったり譲っていれば、ファーストシューズはまた次の人に使ってもらえ、そこで生き続けられたのに、私はクローゼットにしまい込んでまだまだ活かせる可能性を死なせてしまいました。

捨てることしか出来なくなったものを前にして、私がゆるくゼロ・ウェストをしていたのはなんだったんだろう?

自分をもっと見つめ直さないといけなかったな、と思いました。

過去のモノを持ちすぎて新しいモノが入ってくるスペースがないなんて、嫌ですよね。

私は過去よりも未来を大事にしたいです。

未来の新しい風を呼び込むために、過去のモノを処分して、余白のある暮らしをしたいです。