♯57 モノに対する接し方で人への接し方もわかる

ここ数年、断捨離や暮らしをシンプルにする方法、ミニマリストブームなどを経て、モノと向き合う時間が圧倒的に増えました。

それまでは、いつか使うかも…とパズルのように押し入れに収納するのが良いとされ、捨てることはいけないことだとされてきました。

なぜってもったいないから。

よく考えずに買い無駄遣いしてしまったお金は戻ってきません。

今、家にあるモノはお金と交換したモノなんです。

そう考えると、すごくお金を使ってしまったなと思いません?

買ったモノを大事に長年使うならいいですよ。

あなたのモノは床に転がってませんか?

ゴミ袋に入れられていませんか?

段ボールに入ったままになっていませんか?

 

上全部、私の夫の書斎の様子です(>_<)

コレクションしていたディズニーフィギュアはゴミ袋に入っています。

実家から引き上げてきた子どもの頃のアルバムは段ボールに入っています。

元カノとの思い出の写真、プリクラも段ボールに入っています。

子どもの頃に使っていたそろばん、ピアニカ、リコーダー、習字道具、学習机などはまだ実家にあります。

 

夫はモノと真剣に向き合ってこなかった人です。

過去のモノを執着し続け、見返したり使うことがないものも放置し続けています。

子どもには「このスマホは何万もしたんだから鼻水付けるな!」と叱っておきながら、自分は布団やテーブルにボン!と投げます。

スマホを落としてもすぐには拾いません。

ずっと過去のモノが束縛され、スポットライトが当たることはありません。

いらないなら手放せばいいのに、と何度も説得しましたが、聞き入れてもらえません。

 

それで、私は気づきました。

夫のモノに対する態度は、私への態度と同じだと言うことに(-。-)y-゚゚゚

夫は私に一目惚れをして、私と付き合うまではそれはもうしつこいくらいのアタックをうけましたし、自分をよく見せようと必死な様子でした。

それなのに今は!?

気に入らないことがあると、私にモノを投げてきます。

私がいつまでも綺麗であるように磨くということはありません。

自分自身にはお金をつぎ込んで磨いていますが、私は2年間美容院に行くお金もなく、なんとか節約して子どもたちの衣食住だけは賄って、自分のことは後回しです。

私が育児ストレスを感じて我慢の限界だと爆発しても、夫は私を家に軟禁し自分だけ遊び歩いていました。

 

邪魔なら、いらないのなら手放してくれたらいいのに、離してくれない。

 

そんな不用品の気持ちを身をもって体感しているのです。

モノを大切にしていない人はお金も大切にしていないことが多いです。

1円を笑います。

10円落としても拾いません。

あなたがもしこの人と結婚してもいいのかな?と悩んでいたら、相手のモノに対するつきあい方を見たらいいと思います。

革製品を磨いていますか?

鏡を磨いていますか?

車の洗車はしていますか?

不用なガラクタを溜め込んでいませんか?