てのひらの暮らし~自分の手におさまるくらいがちょうどいい

モノを捨て、キラキラを身に着けたらお金が貯まるようになった専業主婦のブログです。

#82 お金を使って応援する

こんにちは。

クリスマスにお正月と、イベントが近づくとお財布のひもが緩みませんか?

昨日、ボーナス支給額と下半期の保険料を計算したら、ボーナスだけでは保険料が払えないことが判明し、がっくりきている私です。

金額にしてマイナス20万円!!

保険営業員の夫を持つと、自爆金額が多額で大変です・・・。

 

さて、今回は「お金を使って応援する」ことについてです。

お金を使って応援!というと、AKB48に代表されるアイドルやゲーム課金をして応援するということが思い出されると思います。

私はモーニング娘。’17推しなので、今回の3年ぶりのアルバムももちろん初回限定版を購入しました(^^♪ 


 

 とってもいいアルバムなのでみなさん聞いてくださいね!

 

お金を使って応援することはなにもアイドルや芸能人に限ったことではありません。

ふるさと納税も今は返礼品のことばかり取り上げられますが、ふるさとを応援するための寄付ですよね?

それに、普段利用しているお店での買い物も、そのお店を応援していることになるんです。

私は、本を買うとき、文房具を買うときはできるだけ近所の本屋さん、文房具屋さんを利用します。

買い物のほとんどをネットや大型ショッピングセンターで済ませている生活を続けると、あなたの近所のお店が潰れてしまいます。

私はお店を利用してお金を落とすことで応援したいので、個人商店を利用します。

イオンが近くに2つもあるので個人商店も少なくなってきましたが、お茶屋さん、本屋さん、文房具屋さん、電気屋さんはお店に行って購入します。

基本的には「ゼロ・ウェイスト」な暮らしを取り入れているので、ほしいものがあったときは中古品を探し、それから新品を探す、という順番です。

でも、子供の文房具や靴、私の求める新刊本、モーニング娘。の最新曲、一生ものの暮らしの道具は新品を!と決めています。

子供にとっても、お金を渡し、その範囲内でほしいものを探してお店をうろうろする、という経験は大切だな、と思っています。

本屋さんであれにしようかな?これにしようかな?と1冊を探すのは子供も大人も楽しいですよね(^^♪

買い物の失敗も経験することで、お金の大切さも伝えられると思います。